花燃ゆ (3) - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花燃ゆ あらすじ 16話

花燃ゆ あらすじ 16話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」4月19日(日) は16話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 16話をお届けいたします。

久坂玄瑞(東出昌大)が京都より無事に戻り、安どする文(井上真央)。

しかし、野山獄に捕えられている吉田松陰(伊勢谷友介)に、江戸幕府からの召喚状が届いたとの知らせが来る。

詮議にかけられ、死罪が下されるかもしれないという危機に、文はがく然とする。

一方、松陰は静かに出発の日を待っていた。

文は、せめて一日でも兄を家に帰らせたいと思い、奔走する。

そして松陰は最後の一日を文たち家族と杉家で過ごすことになり・・・。

以上が、花燃ゆ あらすじ 16話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!


花燃ゆ あらすじ 12話

花燃ゆ あらすじ 15話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」4月12日(日) は15話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 15話をお届けいたします。

幕府要人の暗殺を計画したとして、吉田寅次郎(伊勢谷友介)は野山獄に再び投獄された。

そして松下村塾も閉鎖され、塾生たちは行き場を失う。

文(井上真央)は、差し入れを持って兄を訪ねるが、寅次郎の気持ちがすでに家族から離れていることを感じる。

寅次郎は獄中でも自らの計画をあきらめることなく、塾生たちに手紙を書き、攘夷決行を指示していた。

江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)と高杉晋作(高良健吾)も手紙を受け取り、師である寅次郎に思いをはせ、焦る一方で、あまりに無謀な計画になすすべを持たなかった。

一方、萩では・・・。

以上が、花燃ゆ あらすじ 15話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。