花燃ゆ - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花燃ゆ あらすじ 20話

花燃ゆ あらすじ 20話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」5月17日(日) は20話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 20話をお届けいたします。

上海から高杉晋作(高良健吾)が萩に戻り、毛利敬親(北大路欣也)に提言し異国の脅威を訴える。

また小田村伊之助(大沢たかお)は、毛利家の一族で領地を分け与えられている4つの支藩を訪ね、政策の一致団結を目指して駆け回っていた。

夫の帰りを待つ文(井上真央)は自らの力で松下村塾を守っていくことを心に決めるが、その頃、京都の久坂玄瑞(東出昌大)は芸妓の辰路(鈴木杏)に窮地を救われ、急速に距離を縮め・・・?!

以上が、花燃ゆ あらすじ 20話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!


花燃ゆ あらすじ 19話

花燃ゆ あらすじ 19話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」5月10日(日) は19話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 19話をお届けいたします。

松下村塾の悪評から、亀太郎(内野謙太)ら塾生の生活が困窮。

助けになりたいと思った文(井上真央)は、写本を始め、ふさ(小島藤子)ら女性たちを集めて内職に取り組む。

そんな中、高杉(高良健吾)に上海視察の藩命が下る。

高杉は幼い妻・雅(黒島結菜)を一人残して行くことを案じ、文に友達になってほしいと頼む。

だが雅は裕福な家の出で、文やふさらは雅の言動に手を焼く。

一方、久坂(東出昌大)は下関で西郷吉之助(宅間孝行)に面会。

程なく、幕府に擦り寄る藩の方針を変えるべきと、周布(石丸幹二)に訴える。

そこで藩の重役が京に送られることを知った久坂は、塾生を集め、自分たちも京に上って朝廷に攘夷を働き掛けようとするが、それは資金を要し、死の覚悟も必要だった。

家族や塾生の生活を守ろうと必死な文は、久坂に反発する。

以上が、花燃ゆ あらすじ 19話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!

花燃ゆ あらすじ 18話

花燃ゆ あらすじ 18話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」5月3日(日) は18話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 18話をお届けいたします。

松陰(伊勢谷友介)が亡くなり、文(井上真央)は喪失感の中にいた。

それから間もない安政7(1860)年、松陰を処刑した江戸幕府大老・井伊直弼(高橋英樹)が桜田門外で暗殺される。

この事件を機に幕府の権威は大きく失墜し、日本はさらに混乱していく。

文は松陰の遺志を継いで義兄の伊之助(大沢たかお)が松下村塾を再興してくれると期待する。

しかし、幕府の監視がさらに厳しくなる中での再興は危険だと伊之助は判断する。

そんな中、塾生で獄舎にいた入江九一(要潤)と野村靖(大野拓朗)兄弟が恩赦によって出獄するという朗報が入る。

だが、再び集まった塾生たちは学問ではなく、攘夷(じょうい)を決行するための軍資金集めなどを始める。

以上が、花燃ゆ あらすじ 18話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。