花燃ゆ あらすじ 20話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花燃ゆ あらすじ 20話

花燃ゆ あらすじ 20話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」5月17日(日) は20話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 20話をお届けいたします。

上海から高杉晋作(高良健吾)が萩に戻り、毛利敬親(北大路欣也)に提言し異国の脅威を訴える。

また小田村伊之助(大沢たかお)は、毛利家の一族で領地を分け与えられている4つの支藩を訪ね、政策の一致団結を目指して駆け回っていた。

夫の帰りを待つ文(井上真央)は自らの力で松下村塾を守っていくことを心に決めるが、その頃、京都の久坂玄瑞(東出昌大)は芸妓の辰路(鈴木杏)に窮地を救われ、急速に距離を縮め・・・?!

以上が、花燃ゆ あらすじ 20話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。