花燃ゆ あらすじ 19話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花燃ゆ あらすじ 19話

花燃ゆ あらすじ 19話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」5月10日(日) は19話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 19話をお届けいたします。

松下村塾の悪評から、亀太郎(内野謙太)ら塾生の生活が困窮。

助けになりたいと思った文(井上真央)は、写本を始め、ふさ(小島藤子)ら女性たちを集めて内職に取り組む。

そんな中、高杉(高良健吾)に上海視察の藩命が下る。

高杉は幼い妻・雅(黒島結菜)を一人残して行くことを案じ、文に友達になってほしいと頼む。

だが雅は裕福な家の出で、文やふさらは雅の言動に手を焼く。

一方、久坂(東出昌大)は下関で西郷吉之助(宅間孝行)に面会。

程なく、幕府に擦り寄る藩の方針を変えるべきと、周布(石丸幹二)に訴える。

そこで藩の重役が京に送られることを知った久坂は、塾生を集め、自分たちも京に上って朝廷に攘夷を働き掛けようとするが、それは資金を要し、死の覚悟も必要だった。

家族や塾生の生活を守ろうと必死な文は、久坂に反発する。

以上が、花燃ゆ あらすじ 19話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。