64(ロクヨン) あらすじ 最終回 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

64(ロクヨン) あらすじ 最終回

64(ロクヨン) あらすじ 最終回

ピエール瀧 主演 地方県警の広報官の視点から未解決誘拐事件の真相を描く

64(ロクヨン)5月16日(土)は最終回の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

64(ロクヨン) あらすじ 最終回をお届けいたします。

記者クラブとの報道協定を守るため、三上(ピエール瀧)は、松岡(柴田恭兵)が指揮する捜査車両に乗り込んでいた。

三上は再び、被害者の父が身代金を運ぶ車を追うことになる。

新たな誘拐犯が父・目崎(尾美としのり)に指示する受け渡しルートは、14年前のロクヨンと全く同じだった。

一方、松岡は美那子(木村佳乃)にも捜査への協力を依頼していた。

そして、美那子が現場で目撃したものは・・・。

さらに、三上の娘のゆくえは・・・。

以上が、64(ロクヨン) あらすじ 最終回の紹介でした。

64(ロクヨン)の放送はNHK総合にて毎週土曜22:00〜23:00です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。