64(ロクヨン) あらすじ 4話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

64(ロクヨン) あらすじ 4話

64(ロクヨン) あらすじ 4話

ピエール瀧 主演 地方県警の広報官の視点から未解決誘拐事件の真相を描く

64(ロクヨン)5月9日(土)は4話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

64(ロクヨン) あらすじ 4話をお届けいたします。

警察庁長官視察の前日。

ロクヨンに酷似した少女誘拐事件が発生。

三上(ピエール瀧)は、記者クラブとの報道協定締結を目指すが、刑事部は頑として情報提供を拒む。

少女とその家族の名前が匿名のままであることに、記者クラブは大きく反発。

三上は、捜査一課長の松岡(柴田恭兵)に会うため、最前線に乗り込む。

そして、誘拐犯から、身代金運搬の指令が入る。

最初の現場は、喫茶あおい。

またしても、ロクヨンと同じ手順だった。

以上が、64(ロクヨン) あらすじ 4話の紹介でした。

64(ロクヨン)の放送はNHK総合にて毎週土曜22:00〜23:00です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。