花燃ゆ あらすじ 18話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花燃ゆ あらすじ 18話

花燃ゆ あらすじ 18話

井上真央の主演で、激動の幕末を生き抜いた若者たちの生きざまを描く

「花燃ゆ」5月3日(日) は18話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

花燃ゆ あらすじ 18話をお届けいたします。

松陰(伊勢谷友介)が亡くなり、文(井上真央)は喪失感の中にいた。

それから間もない安政7(1860)年、松陰を処刑した江戸幕府大老・井伊直弼(高橋英樹)が桜田門外で暗殺される。

この事件を機に幕府の権威は大きく失墜し、日本はさらに混乱していく。

文は松陰の遺志を継いで義兄の伊之助(大沢たかお)が松下村塾を再興してくれると期待する。

しかし、幕府の監視がさらに厳しくなる中での再興は危険だと伊之助は判断する。

そんな中、塾生で獄舎にいた入江九一(要潤)と野村靖(大野拓朗)兄弟が恩赦によって出獄するという朗報が入る。

だが、再び集まった塾生たちは学問ではなく、攘夷(じょうい)を決行するための軍資金集めなどを始める。

以上が、花燃ゆ あらすじ 18話の紹介でした。

「花燃ゆ」の放送はNHK総合にて毎週日曜20:00〜20:45です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。