64(ロクヨン) あらすじ 2話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

64(ロクヨン) あらすじ 2話

64(ロクヨン) あらすじ 2話

ピエール瀧 主演 地方県警の広報官の視点から未解決誘拐事件の真相を描く

64(ロクヨン)4月25日(土)は2話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

64(ロクヨン) あらすじ 2話をお届けいたします。

昭和64年に発生し未解決の少女誘拐殺人事件「ロクヨン」。

三上(ピエール瀧)は、遺族の雨宮(段田安則)が県警に強い不信感を抱いていることを疑問に思う。

当時捜査に関わった刑事たちを訪ね歩くが、事件の鍵を握る幸田(萩原聖人)は退職していた。

捜査一課長の松岡(柴田恭兵)も固く口を閉ざす。

さらに、三上の行動の先には、必ず二渡(吉田栄作)の姿が。

三上は、事件の背後に隠された、大きな暗い秘密を突き止める。

以上が、64(ロクヨン) あらすじ 2話の紹介でした。

64(ロクヨン)の放送はNHK総合にて毎週土曜22:00〜23:00です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。