64(ロクヨン) あらすじ 1話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

64(ロクヨン) あらすじ 1話

64(ロクヨン) あらすじ 1話

ピエール瀧 主演 地方県警の広報官の視点から未解決誘拐事件の真相を描く

64(ロクヨン)4月18日(土)いよいよ放送スタートです。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

64(ロクヨン) あらすじ 1話をお届けいたします。

地方県警の広報官・三上(ピエール瀧)は、高校生の娘が失踪し、妻・美那子(木村佳乃)と共に苦悩の日々を送っている。

三上は、突然行われることになった警察庁長官視察を取り仕切るよう命じられる。

7日間しかなかった昭和64年に発生し未解決の少女誘拐殺人事件「ロクヨン」が、14年の歳月を経てよみがえる。

長官による遺族の雨宮(段田安則)宅への慰問を実現しようと三上は奔走するが、雨宮はなぜかかたくなに拒否する。

以上が、64(ロクヨン) あらすじ 1話の紹介でした。

64(ロクヨン)の放送はNHK総合にて毎週土曜22:00〜23:00です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。