恋愛時代 あらすじ 4話 - 2015 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

恋愛時代 あらすじ 4話

恋愛時代 あらすじ 4話

比嘉愛未が民放の連続ドラマ初主演! 
元夫婦の“婚活”を描くラブストーリー!!

「恋愛時代」4月23日(木)は4話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

恋愛時代 あらすじ 4話をお届けいたします。

永冨の両親と食事をした衛藤はる(比嘉愛未)。

だが、息子の恋人がバツイチであることを会社のイメージ戦略に利用するような発言をされ、違和感を感じてしまう。

そんなはるの様子を社会学者の喜多嶋が興味深く眺めていた。

はるの元夫・早勢理一郎(満島真之介)は、押しかけられる形でかすみとその娘・彩と同居をはじめていた。

ある日「花籠」で鉢合わせたはると理一郎。そこで、意外な事実が明らかになって・・・。

以上が、恋愛時代 あらすじ 4話の紹介でした。

「恋愛時代」の放送は日本テレビ系にて毎週木曜23:59〜24:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。